08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - -
全く違って何も変わらない
 
今日は銀河劇場に『ハロルドとモード』を観に行きました。

79歳のおばあちゃんモードと19歳の青年ハロルドが恋に落ちるお話でした。
もうね、二人とも可愛すぎる。
そして、切なすぎる。

モードのセリフに
「人は何も持っていないわ、所有するものなんて何もないのよ」
という言葉がありました。
そう、すべては神からの借り物。
人は何も持たずに生まれて何も持たずに死んでいく。
だからといって今のご時世で人の車に
勝手に乗ってっちゃう(窃盗的な意味で)のはアレですけど(苦笑)

自殺未遂の真似ごとを繰り返していたハロルドが
自由奔放で本当に明るいモードにひかれていく…
すごくわかりやすくてよかったです。感動しました。

しかしやっぱり余計な音響や場面を考えさせる演出は
感動を薄れさせるなぁと思いました。
うーん。難しいー。

てか地震あった?よね???
銀河劇場で「トライアンフ〜」観てた時も地震あったんだけどw
埋立地こえーよwwwwwww

帰りは浜松町で大きい本屋さんに寄り道。
・月組本
・宝塚GRAPH
・メイド諸君!´
・猫背の王子
・白い薔薇の淵まで
を買いました。
雨なのに、重いのに、買いすぎ。
(そして内容がカオスすぎ)
まぁ今日はお誕生日だしいっか★と一気に買いました。
(誰かお前の誕生日じゃないと教えてあげて下さい)

そんなわけで『ハロルドとモード』すごくおススメです。
モードが泣いたときめっちゃ切なかったわぁ。
最後に最低な感想言ってもいいですか…?
この作品でハロルドとモードに次ぐ素敵CPは
精神科医(男)×神父様(男)
でした。
神父様がかわいすぎてどうしようもなかったです。
 
auther:祐莉, お芝居・ミュージカル, comments(0), -, - -
<< 2/2PAGES 
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.